NISAはメリットばかり?

2014年より日本版ISA「NISA」がスタートしました。

街中やテレビCMなど、各金融機関が様々な広告展開をしていることもあり、この言葉を聞いたことがある方がほとんどではないでしょうか?

 

 

簡単にご説明しますと、

NISA(少額投資非課税制度)とは上場株式や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度です。

NISA専用口座で取引を行うとで、利益に対してかかる約20%の税金がかかりません。

 

 

NISAのメリットは、前述したとおり売却益および配当金にかかる税金が非課税となる、この1点につきます。

 

 

しかしデメリットももちろんあります。

NISAのデメリットは、売却損は切り捨てられてしまうということです。

 

NISAは、売却益や配当金・分配金が非課税となる一方、売却損は切り捨てられてしまいます。
そして、NISA口座以外の一般口座や特定口座で生じた売却益や配当金等とNISA口座の売却損を損益通算することもできません。

 

 

例えば、100万円をその年にNISA口座で運用した結果が80万円になってしまい、満了時に一般口座や特定口座で80万円を再投資したとします。
再投資で20万円のプラスが出れば100万円になりますが、そこから約20%の税金がかかるので、実質は80万円になってしまいます。
※損益通算が出来る場合は、このケースですと税金はかかりません。

 

 

この場合、満了後の再投資で45万円のプラスが出て125万円にならないと税引き後100万円にはなりません。
利益があってこその非課税枠であることを充分に理解したうえで活用しないと、 なんとなく100万円ぐらいならと投資を始めてしまうと後で後悔することになるかもしれません。

 

 

当サイトの提携IFAとメリット・デメリットをきっちり把握したうえでの始めてみても遅くはありません。
各金融機関でのNISAキャンペーンに惑わされず、きっちりと勉強をしたうえでの投資をお薦め致します。

 

 

※本コラムは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本コラムの情報は、当サイトが信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本コラムの記載内容に関するご質問・ご照会等には当サイトは一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。
また、本コラムの記載内容は、予告なしに変更することがあります。
Topに戻る