そもそも投資信託とは

▶資産運用とは?

資産運用=ギャンブルという日本人のイメージ

皆さんの大事な公的年金はいったいどうやって管理されているのでしょうか?銀行でしょうか?株式運用でしょうか?国債でしょうか?そうです。大事な公的年金も株や債券などを含めて運用されています。もしも資産運用=ギャンブルということであれば、皆さんの老後資金はどうなってしまうのでしょうか?正しい情報と認識をもっていれば運用=ギャンブルとはならないはずです誰しもが一度は考える、働かずしてお金が増えれば良いのにな・・・資産運用をやってみたいな・・・そう考える方は日本中にたくさんいらっしゃいます。現在、資産運用をして安定的な利益を得られている方も初めは全員初心者です。日本では日常の中でお金のことを学ぶ機会がなかなかないという理由とお金のことに関して人と話すことは恥ずかしいという風潮があった為、資産運用に対する正しい知識がなく、コワイというイメージを持つ方がまだまだたくさんいらっしゃいます。

”初めの一歩”はとても重要

当サイトは、資産運用の正しい知識を提供できる独立系FPであるIFAの紹介を通じて皆様の”初めの一歩””正しい一歩”となる窓口になればという想いを込めて『投資信託の相談窓口』を立ち上げました。当サイトで資産運用とギャンブルの違いをご理解頂き”初めの一歩”となるきっかけになれば幸いです。

▶正しい情報を正しく理解する

車の仕組みや道路のルールを知らずに、運転していませんか?

『投資信託の相談窓口』にいらっしゃるお客様で、金融機関の窓口で勧められたからという理由で、投資信託を購入し、よくわからないので相談したいのですが・・・と来られる方も多くいらっしゃいます。なぜでしょうか?車のディーラーで最新の自動車を勧められ購入して、教習所にも通わずに道路で運転するでしょうか?性能もよくわからない車を何百万も出して購入することがあるでしょうか?スポーツカーを買ったつもりが、ミニバンを買っていることがあるでしょうか?皆さん教習所で車の仕組みや道路のルールを学び、理解したうえで交通量の少ない(リスクの低い)場所から運転を始めます。

金融機関で勧められるがまま運用商品を買うということは…

教習所に通わずに車を運転することと同じです。当サイトの提携先である独立系FPのIFAは「運転手」ではなく、「教習所」の役目です。車は事故をするかもしれない・・・死亡事故の可能性もあるし・・・だからといって車の運転をやめてしまいますか?高いコストを支払い「運転手」を雇う方法もあります。しかし、車のように正しい知識を身につけておけば、最低限のリスクは回避でき、無駄なコストもかかりません。

資産運用も同様

正しい知識を身につけておけば、舵取りに迷ったときなど、重要な場面で提携FPのアドバイスが受けられれば十分なはずです。また、本当に必要な場面だけ、専門家のアドバイスを利用すれば、大きなコストも掛けずにすみます。

Topに戻る